オンデマンド印刷の効果

広告

小ロットでの印刷が可能

店舗や企業において、新規顧客の開拓や新製品の紹介などのために、チラシやフライヤーを配る時があります。過去、印刷業者にチラシ印刷を依頼すると、基になる「版」を作り、それを印刷機にセットして注文部数を印刷するようになっていました。ただ、このシステムの場合は最初に版を作ることになるため、版の制作費がチラシ印刷の料金に含まれることになり、発注者は大量の部数を刷らないと採算が合いませんでした。そのため、大企業ならともかく、小規模な企業や店舗は何年分もの部数をまとめて発注するか、印刷をあきらめてコストの高くつく自社のコピー機で必要数をコピーするしかありませんでした。ところが、「オンデマンド印刷」が出現したことで、このような無駄を解消することができるようになりました。オンデマンド印刷は従来必須であった版の制作が必要無くなり、デザインデータから直接印刷ができるようになったことで、50部や100部といった少数の印刷も低コストで実現できます。しかも、製版という作業がカットされることで、製作日数も大幅に短縮化されました。必要な時に必要な部数を発注できるオンデマンド印刷によって、従来自社のコピー機で対応していた企業も業者にチラシ印刷を依頼できるようになりました。また、小ロットでの発注ができることで、数パターンのチラシ印刷を行い、クライアントやユーザーの反応を見てから追加印刷をかけるという、テストマーケティングを可能にしています。